ヘッダーロゴ

令和元年度 豊中市文化芸術振興助成金交付事業

きょうかしょのきょうかしょ メインビジュアル 10/27.11/4.11/24 ホシノスミカ☆



新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、この日は中止となりました。
なお、この企画の延期を検討中です。詳細は決まり次第、ブログにてお知らせ致します。
何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。


参加費1かもく→500円 当日参加→1000縁 定員各20名 ご予約・お問い合わせ
1じかんめ

せいかつ

10時30分~11時15分(45分)
せんせい
やまなか うたこ

遊びワークショッププランナー

プロフィール
こどものための博物館や保育園などで遊びの発想から主に乳幼児期の子どもたちの活動の環境づくりに幅広く取り組む。その経験を活かし”遊びワークショッププランナー”としてアソビからのソーシャルワークを独自で実践中の社会福祉士。HP あそビルド:https://aso-build.jimdo.com/
みんなは“ぞうきん“はつかったことがあるかな?こぼれたものをふきとったり、よごれをおとしたりするヌノのことです。きょうの“せいかつ“のじかんは、そんなくらしのなかにやくだつ“ぞうきん“とあそぶじかん。どんなことができるかな?いっしょにあそんでいるうちに、あれれ??なんだかたのしい“ぞうきん“のできあがり!?
2じかんめ

さんすう

11時30分~12時15分(45分)
せんせい
かつふじたまこ

音作家

プロフィール
何気ない日常から小さな奇跡(音)を拾い集め、音作品を紡ぎ出す。鍵盤ハーモニカと日用品を使っての即興演奏も。日用品を使っての音探しワークショップでは「こうじゃなきゃいけないなんてない」「楽器ができなくてもオンガクできる」をモットーにしている。https://hello-tsukineco.jimdofree.com/
「さんすう」のじかんなんだけど、たしたりひいたりするのは「すうじ」だけじゃないみたい?みんなのおうちにもある、おなべのふたや、おしゃもじ、かみコップ(ほかにもあるかもね)を、たたいたりこすったりしてみたら、いろんな「おと」がとびだすよ。そんな「おと」と「おと」をたしたり、ひいたりしてみたら、いったいどんなかたちにかわるかな?みみをよーくすませて、かんじてみてね。
じかんめ

こくご

13時30分~14時15分(45分)
せんせい
ますだまなぶ 升田 学

ダンサー、美術家、デザイナー

プロフィール
維新派在籍(’97〜’08)を経て、現在ダンサーとして活動。一方で、2006年より一本のハリガネを一筆書きの要領で描く作品を多数発表。ダンスやアートを通して、誰もが持つ独自の感性に気づくような活動を続けている。http://www.a-t-n.jp/
せんせいは、「たいいく」に「ずこう」がだいすきで、「こくご」がとってもにがてでした。なぜかって?ぶんしょうのよみかたに「こたえ」があるとおもっていたから。その「こたえ」にたどりつけない。でもまてよ!ほんとうに「こたえ」があるのかな?いろんなひとにきいてみた。するとたくさんのこたえがかえってきたよ。なんだ、ちがっていいんだね。かんじたままでいいんだね。じゃぁ、かんじたままカラダをうごかしてみよう。つないでうごくとダンスみたいだよ。
4じかんめ

たいいく

14時30分~15時15分(45分)
せんせい
はしもと くにひこ 橋本 久仁彦

高野山大学スピリチャルケアコース講師
円座守人

プロフィール
高校教師時代は「教えない授業」をしていました。それから大学のカウンセラーの仕事をしました。今は、いろんなところへ旅して、その土地の人たちと円坐に坐って語り合い、お互いのご縁が深くなる「きくみるはなす縁坐舞台」の仕事をしています。
ちょうちょうくらいのおおきさの、ちいさなちいさないすを、おともだちのゆびさきとわたしのゆびさきで、はさんで、はこびます。いすはどこへいくのかな。おともだちとわたしは、どこへいくのかな。ちいさな、すぎのきのいすには、なにがすわっているのかな。おんがくも、きこえてきます。きっと、おかあさんや、おとうさんのこえも、きこえてくるよ。
5じかんめ

おんがく

15時30分~17時00分(90分)
せんせい
マキコムズ

アートユニット

プロフィール
マスダマキコ、カワサキマキによる主に子ども・遊び・作るをキーワードに展開しているアートユニット。「マキコムズ 」は双方の名前からと周りを面白い事に巻き込み、自分達も巻き込まれてみよう!という意味も。呼ばれたら、どこでもワークショップしちゃいますよ。
おんがく・音楽って何?音を楽しむって書くよね?なので、マキコムズの音楽のきょうかしょは、色んな身の回りのものから音を作って楽しむよ。リズム感なんてなくても大丈夫。「この音おもしろい!」とか「こんな音も出るんだ」って気持ちがあればいいよ。マキコムズと一緒に、子どもと、かつて子どもだった大人たちとで、どこにでもあるものを使って、おもしろい!を作っていきましょ。当たり前を少し疑ってみることから始めてみようかな?
6じかんめ

おわりの会(公開ふりかえり)
~きょうかしょのひみつ!~

17時15分~18時30分
予約不要(参加無料)
5教科の「せんせい」たちが勢ぞろい!各科目を映像で軽くご紹介!コーナーも。おたすけびと(エメ スズキ)と共に、地べたでほっこり、5教科をふりかえります。
どのじかんにも、おたすけびと(エメスズキ)が、はいります。うろちょろしているので、「おたすけ」あったら、こえをかけてね。
エメ スズキ
からだのアトリエ バオバヴ発起人。90年よりダンサーとして国内外で活動。おやこヨガ&こどもヨガ講師でもあり、小学校(+支援学級)への出前等、講座多数。現在、療育におけるからだ表現を軸に、ことば×身体表現×場の育成に、奮闘中。

BLOG

からだのアトリエ バオバヴとは?

「こどものからだ」をキーワードに、表現したり、学んだり、遊んだりしながら、人間の持つ「想像力」「創造力」に出会い、「生きる力」に編集していく「場」。2018年より活動開始。現在は、豊中市内を軸に活動中。
<基本定期企画>
●学校になじみにくい子どもとその保護者が集う
「からだであそぼう!からだでまなぼう!」
●療育手帳をもたないグレーゾーンの子供達軸のからだそだて「のびのびば」
●療育における「からだへのまなざし」を、語り、学び合う「バオバヴカフェ」

〒561-0802 大阪府豊中市曽根東町3-7-2
◎阪急電鉄宝塚線 曽根駅下車 徒歩約5分。
◎梅田駅より各駅停車に乗車 約15分。

予約フォーム


新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、この日は中止となりました
何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

からだのアトリエ バオバヴ

aimee1820@luna.zaq.jp